原木しいたけと埴輪の七不思議
埴輪好きな愛知県一宮市で唯一人の原木しいたけ農家のつれづれ日記

台風コワイ・・・・・(T_T)

久々更新(笑)

まあ、いろいろありましてなかなか更新できませんでしたなぁ・・・・
普通に忙しくなってきたってこともあるけど。

で、なんか台風がこちら方面にきそうなカンジ(>_<)
毎回、台風のときは大変なんで、できればきてほしくない。
まぁみんなそうでしょうが(笑)

なにが大変かって、パイプハウス群の台風(強風)対策。
台風って、雨対策よりも風対策をしないとダメなんですよ。
雨は、なにやっても雨風で横から降りこんでくるし、基本的に原木しいたけは濡れても問題はないので雨は気にならない。
むしろ、強風のほうが怖い。
ヘタにパイプハウス内に強風が入って上に抜けると、パイプハウスの鉄骨ごと持ち上がって吹っ飛んで壊れる。
そうなると、修理も大変だしなにより余計な出費が(T_T)
ビニールが破れたぐらいなら、1万程度で新品買って張りなおすだけなので、そんなにたいしたことはないけど、鉄骨まで壊れると、修理だけでもウン十万。
全損して新品で建て替えるとなると、3・4百万ちかくかかる。
建て替える場合、その間その場所が使えないので仕事に支障も出るし売上にも影響が出る。

なので、大きい鉄骨の温室は風で壊れないようにビニールや換気扇を固定して、風であおられて壊れるのを防ぐ。
普通のパイプハウス群は、横の遮光ネットやビニール等を全部外して下におろして固定し、横から横に風が吹き抜けるようにすることによって、上に風が抜けないようにしてパイプハウスを守る。
あとは、パイプハウスが飛ばされないように、重量物に天井からロープで固定。
あとまわりの飛びそうなモノの片づけ。
などなど。


台風情報を逐一確認しながら、それらの台風対策をするかどうするか、悩む。
だって、こちらにくるのが確実ならしっかりと対策するけど、台風って直前で向きが変わったりでそんなに影響なかったりするときもあるので、そのときはわざわざ対策しなくてもいいので、骨折り損のくたびれもうけになる。
まぁ、対策しといてなにもないのが一番いいんだけど、この台風対策ってめんどくさいので、やらないで済むのであれば、それに越したことはない。
だって、基本的にハウスの上のほうに固定してある遮光ネットとか外して固定するのに、ハシゴに何回登って降りて登って降りてを繰り返さないといけないのか(>_<)
それだけでも、脚にくるのにほかにもロープで引っ張るためにハシゴで上に登ったり、ビニール固定するためにパイプハウスの屋根の狭い場所にいって、ムリな態勢で紐引っ張ったりビニール固定したりと。
もっと早くからぼちぼち対策すればいいんじゃない?
と思うかもしれないけど、原木しいたけは直射日光厳禁なんです。
なので、まだ晴れてるときは遮光ネットなどを外すのはマズイ。
曇ってからしか作業できないし、さっきの話いきなり向きが変わって影響ないときは、やらないで済むならそれでいいし。
しかも、台風一過で過ぎたあとは一気に晴れるときがあるやん。
このときも、急いで台風対策してある状態から早く元の状態に遮光ネットなどを張りなおさないとマズイので、忙しい。
だから、台風のときはタイヘン(>_<)
現在、「こっちくんなよ~!!!」と台風に変な気を送っております(笑)

スポンサーサイト

今度は火事!再び・・・・・

えー、前回と同じ資材置き場で火事?ボヤ発生。
通報しまして、たいしたこともなく鎮火。
うちのハウス群は無事でした。

しかし、最初見たときは
「は?!マジ?!!!?」
でした。
だって、ほんの一週間ぐらい前ですよ?
あの資材置き場が火事で大変だったのが。
よもや、また同じ場所、同じような時間帯で火事って・・・・なにやってんだか<`~´>

いつも通り、夜の収穫のために今日はちょっと早めに19時前にハウスに着いたけど、めちゃ臭い!!
ビニール?プラスチック?が焼ける、臭い匂いが!!
最初はうちのハウスか?どっかで漏電かショートして焼けたのか?と思い、あっちこっちのハウス内を確認したけど、どうも違う。
むしろ、ハウス内はなにも臭いがしない。
外一帯が臭い。
もしかして、また用水路向こうの資材置き場や、畑のおっちゃんが野焼きしてんのか?
と思い、風向きが西風なので西側を確認しに行くと、前回火事した資材置き場から、モウモウと黒い煙が。
今日は天気が悪いのと、日没が早くなってきたため、いまいち分かりにくいけど、それでも臭い煙と火が見える。
「マジでーーーー!!!(・。・;」
最初は、野焼きにしてはちょっと燃やし過ぎなカンジだけど、そこまで大きく火が上がってるワケじゃないし、う~んどうなんだろ?
と、10分程度見てましたが、どうもオカシイ。
野焼きでも、誰か人がいればそんなに気にすることもないけど、どうも誰もいなさそう。
しかも、風向きがばっちりうちのハウス方面に吹くので、臭いこと臭いこと。
通報するか?どうすっかな~?
と考えてたけど、瞬間的にバチバチっと火が上がるのが見えるし・・・・
ほんとの火事であれば、早めに通報したほうがいいけど、そこまで大火事ってわけでもないボヤみたいだし。
でも、20分近く経ってもいっこうに消える気配がないのと、やっぱり誰もいなさそうなので、最終的には119番に通報。
すぐ消防車が来て、すぐ消えたみたいでとりあえず一安心。
今回は、通報だけして現場には行かなかった。
だって前回ほど大火事ではないし、仕事が忙しいのでそっち優先。
あとから、地域防災メールみたいなやつで確認したら、どうもビニールが燃えたボヤだったみたい。
どっちにしろ、たいしたことなくてよかった。

でも、これが放火ならこんなに短期間でやられるなんてよっぽど恨みかってんのか、ただたんに火の不始末ならなにやってんだか。

この一宮のハウス建てて今年で12年過ぎたけど、この間2回も火事がすぐ近くであった。
今回のもいれると、4回か。
1回は、東側の道路挟んだ場所のトラック置き場で、夕方に従業員が木のパレットを燃やして処理してたら、まわりのパレットに燃え広がり、風向きがうちの方向で火の粉がハウスに!(>_<)
2回めは、夜9時ぐらいに西側の用水路に放置してあった廃車4台が放火されて、炎上。
このときも、風向きがうちのハウスにきて、大変(>_<)
屋根に水道のホースを引っ張って水撒いてた。
3回目は、前回の資材置き場で火事。で、風向きがうちのハウスの方向で\(゜ロ\)

だいたい、近くで火事のときに限って風向きがうちのハウスに吹いているという。
自分ちで火事にならないように気をつけてはいるけど、まわりの人たちも気をつけてほしいね!!
まあ、なんにしてもたいしたことにならなくてよかったよかった。

山の中でも暑い・・・・・(・д・)

ようやく高熱の影響もなくなり、体調も戻ってきました(^_^)
夏風邪はこじれると大変とはいうけど、ここまでこじれたのは初めて。
年とったからかなぁ?と若くはないのを実感(笑)

で、体調不良のときでも仕事は待ってくれないので、ぼちぼちとハウスの新しい原木の天地返しや山の原木の整理&ショベルで山の原木置き場の造成したり、邪魔な杉の間伐したりとやることいっぱい( ̄∇ ̄)
でも、今年は一段と暑い気がする。
いつもは、一宮のハウスは暑くても岐阜の山の中はそこまで暑くならないので、仕事もやりやすかったのに、今年は全然涼しくない。
むしろ、生暖かい風が吹く(゚o゚;
よけい、体感温度が高く感じるわ!!
IMG_20130822_124310.jpg

まぁ、一宮や名古屋の最高気温38℃とかに比べれば、マシなんだろうけど。
もうそろそろ、一雨あると助かるんだけど、天気ばっかりはどうにもならんしねー(*´∀`)
でもまぁ、暑い暑いといいつつ今年の8月もあと1週間で終わり。
「暑さ寒さも彼岸まで」
とよく爺ちゃんが言ってたけど、もうあとちょっとで天候も変わってくるやろ。
問題は、そのあとの秋の台風シーズンになったとき。
うちのハウスたちは壊れないといいんだけど。

悪魔(夏風邪)ふたたび・・・・(笑)

先日の火事のあった次の日、夏風邪ひいたみたいで体温が39.4℃まで上がり大変でした(T_T)
相変わらず暑い毎日で、次の日も暑いなか仕事してたら途中から頭重い&体がなんか熱い&重いので、なんか変だなーと思いつつ仕事して夕方帰って体温計してみたら、39.3℃でした(笑)
IMG_20130814_181325.jpg

熱中症よりは、喉も痛いから夏風邪だろうと思い風邪薬飲んで寝てましたが、結局次の日の朝まであんまり変わらず39℃。
さすがに、医者いって注射2本打たれて寝ていたら、夜にはなんとか平熱までは下がりましたが。

ただ、平熱になっても脳みその感覚?がどうも変。
手の感覚?というのか、目で見た景色が理解するのにちょっと何秒かかる。
手に持ってるのに、持った感覚が遅く認識するというのか?
さすがに、39℃まで体温が上がったせいなのか、ちょっと脳みそ反応が悪い。
でも、38℃とかだと絶不調で動くのも大変だけど、39℃まで上がるとドーパミンが出るのかよちょっと体が重い程度で普通に動けることは動ける。
そのときに、ムリしたのがまずかったか(´д`)

いまは、だいぶ感覚も戻ってきたけど、まだちょっとおかしいとこもある。
普通にブログ更新できるまで、もうしばらくかかるかなぁ。
すんませんm(_ _)m

火事(>_<)

えー。毎日毎日暑いこってす。
さすがに、こんなに毎日37度近くまで最高気温があがると、仕事の能率が悪い悪い。
暑いけど、仕事はしないかん。
けど、暑すぎて体が思うように動かんし、汗が滝のように吹き出てくるし、早いとこおさまってくれるといいんだけど。
まあ、四国の高知は最高気温が41度、しかも連日(これで4日だっけ?)連続で40度超え。
それに比べれば、まだマシか?(笑)
でも、どっちにしろ暑いことには変わらんな。

で、このくそ暑いなか、うちのすぐ目の前で火事でした(>_<)
IMG_20130813_193406.jpg
画像が横向きだ(>_<)

うちは、一日2回収穫をします。
それは、しいたけは傘の部分が開ききってしまったら規格外品扱いで価格がガクンと落ちるので。
まあ、うちは乾燥しいたけにしたり産直で売ったりと、そこまで価格がおちることはないですが、傘が巻いている状態で収穫するのは基本なんです。
で、その傘もこの時期はハウス内もそれなりに暑いので(ハウス内最高気温25度前後)早く開くようになるので、その前に収穫するために朝8時~と夜7時~収穫します。
朝は、収穫したらそのままパック詰めやそれぞれの出荷先に合わせてパッケージをしますが、夜7時からの収穫は収穫するのみ。
収穫したら、冷蔵庫にて保冷しておき、次の朝に収穫した分とあわせて出荷作業をします。
で、今日もいつも通りに夜7時から収穫にきて、いまは収穫量が少ないので20分程度で収穫が終わります。
終わったあと、冷蔵庫に収穫したシイタケをいれてハウスの外に出たら、
「うん?なんかビニール?プラスチック?が燃えているような変な臭いがする!」
と、ここまではいつも通り。
変な臭いがするのは、まわりの畑の人や運送屋が野焼きで自分たちのゴミを燃やすので、べつに初めてこんな変な臭いがするワケじゃないし、いつものことやな。
と思ったけど、それにしてはいつもより臭い。
誰か、ハデに燃やしてんな<`~´>
とりあえず、火事になったらイヤやしどこで燃やしてるのか確認するか!
たいしたことなければ、そのうち消えるだろうし、たいていは近くに人がいて燃やすから、だれかいれば問題ないし、とことで臭いほう(西側)に見にいったら
「スゲー燃えてる!!!おーーーーーーい!これ野焼きとかいうレベルじゃなく火事やん!!」
もうもうと煙が上がり、火の粉が舞いあがってすごいことに!!
そこの場所は、うちのハウスの西側には用水があるんだけど、その用水挟んだ向こう側!
距離にして100メートルぐらいしか離れてない、建築屋の資材置き場。(というより、建築廃材やらごちゃごちゃといろんなゴミ?がおいてあるとこ)
しかも、今日はそれなりに風も吹いていて、風向きによってはうちのハウスのほうに煙&火の粉が飛んでくる\(゜ロ\)ヤメテー!!
これはイカン!!
ってことで110番通報!
いま思うと火事なので119番のほうだけど、このときは焦ってたので110番に(・。・;
通報して、
「はい、事故ですか?事件ですか?」
「火事なんですけど」
「火事だと119番のほうですけど、大丈夫です。こちらで転送しますので、住所を教えてください」
「住所は~(とざっとの住所)目印は~」
「ありがとうございます。現状どれぐらい燃えてますか?」
「すごい煙と火柱が10メートルぐらい上がって、火の粉が舞ってます」
「分かりました。すぐ消防に連絡します。最後に通報者としてお名前と携帯番号を教えてください。」
「名前は長谷川で、番号は~」
「ありがとうございました」
で、この間5分ぐらい?
いままで、何回か110番や119番したことあるので、サクサクっと話して終了。
うちから一番近い消防署はすぐ近く、車で5分もかからないぐらいにあるので、10分ぐらい?で来た。
けど、この燃えてる場所がちょっと車の入り方が分かりにくい場所なので、消防車もどこから入るのやら?と、ちょっと迷い中(・。・;
すぐ目の前に燃えてる現場は見えるのに、どこからホースを持って行けばいいのやら?と、ちょっとの間消防士が走って確認してましたが、すぐに消化活動を開始。
そのうち、また別の消防署の消防車がすぐきて、2台体制で放水&消化開始。
パトカーも3台ぐらい?きて、警察官の人達もいろいろ走りまわってバタバタ。
みるみる火柱も小さくなり、俺は一安心。

通報してから、この消化活動が始まるまで俺はハウスの屋根に上って、ビニールハウスに火の粉が落ちて延焼しないかずっと見てました。
幸いにも、延焼もなくうちはなにも被害はなかったのでよかった。

で、だいぶ火も落ち着いてきた段階で、屋根から降りて現場のほうに歩いていったら、警察官が
「通報された長谷川さん!いらっしゃいますか?」
と叫んでたので
「俺ですけど」
「ああ、良かった。ちょっとお話いいですか?」
と、いろいろ事情聴取?(笑)
通報されたときはどこにいて、火事の現場はどういう状態でした?
誰か、人いました?
何時には火事がどういう状態になっていました?
火事の現場の人は知ってます?
とまあ、いろいろ聞かれました。
で、今回の火事は無事にほかに延焼することなく、その資材置き場のみの被害で済みましたが、問題はここから。
その資材置き場、どこの会社の?
責任者は?
会社の看板もなく、連絡先もどんな人達が出入りしてるのか、近所のかたも俺も、誰も分からないし知らない。
その資材置き場の入口が、一本なかの細い道路から出入りするので、この資材置き場の人達以外は、そこの出入り口の道路を通らないので、誰がきて何時から何時まで仕事してるのか?まったく分からない。
その資材置き場は、まわりを3メートルぐらいの壁で囲ってあるので、普段からまったく中は見えないし。
なので、警察官も火事起こした資材置き場の責任者や会社の人と連絡つけたいけど、誰も知らない。
ゼンリンの住宅地図でも住所や会社名の確認してたけど、ゼンリンの住宅地図が古いので昔のままの畑としてしか表示されてない。
ので、警察官もあっちのこっちの野次馬の人や近所の人達に聞き込みしてたけど、結局分からないまま。
7時30分ぐらいに通報して、1時間も経ったらほとんど鎮火したみたいだし、俺も疲れたのでとっとと8時30分ぐらいには帰ってきましたが、そのあと警察や消防も10時近くまでなんかいろいろ作業してた。
皆さん、お疲れ様でした。

しかし、ほんとこんなに身近で火事が起こると、改めて火事は怖い(>_<)
「すべてを焼き尽くす炎」
と、よく漫画でも小説でもテレビでも映画でも火事の映像をやってるけど、目の前で見る本物の火事は、マジで怖い。
高く上がった火柱と、バチバチいいながら燃える炎、熱風をともなって巻き上げる煙と火の粉。
これだけ燃え広がった火事だと、消火器とかおもちゃにしか見えない。
消せる気がしないし、風向きによってはブワっとこちらに熱風と煙と火の粉がくる。
もう逃げるというか、ちょっと離れたとこで見てるしかどうしようもない。
まあ、なんにせようちに被害もなく、怪我人もいないのでよかったわー。
皆さん、火事はくれぐれも起こさないように気をつけましょう・・・・・





山の原木も天地返し&整理&落ちホダ片付け

あのゲリラ豪雨から一転、連日35℃の猛暑?酷暑?
暑いこってすわー(>。<)
相変わらず、時間があるときはハウス内の新しい原木をぼちぼちと天地返ししてますが、汗が滝のように滴り落ちるって、大袈裟でもなくホントに(゚o゚;

で、ハウスの新しい原木も天地返ししてますが、山に置いてある古い原木も天地返ししてます。
仕事の都合で、山行ったりハウスで仕事したり営業しにいったり忙しいこっちゃ。

山の古い原木は、毎年この時期に天地返し兼ねてダメな落ちホダの片付けして、原木を置いてある場所の葉っぱや枝の片付け&掃除すます。
IMG_20130803_142725.jpg
林内で置いてある原木

原木の上にかけてある黒いヤツは、遮光ネットてす。
日差しの向きによって原木に直射日光があたる時間があるので、それを防ぐために遮光ネットをかけてあります。
杉・桧の混合林なので、ちょうどいいカンジに枝や葉っぱが繁っていれば直射日光を防いでくれるため、遮光ネットなんていらないんですが、一昨年に間伐して間引いたため直射日光が入るようになっちゃった(´・ω・`)
樹を育てるために必要な間伐なんですが、残った樹から枝が伸びて葉っぱが繁り前みたいに直射日光を防ぐようになるためには、5年ていどかかります。
そのため、その期間中に原木に直射日光があたるのを防ぐために遮光ネットがかけてあるんですわー。
まぁ、時間とともに太陽も移動していくので、ずっとその原木だけ直射日光が当たるというわけではないので、遮光ネットをかけないといかん!というほどでもないんですが、やらないよりはやっといたほうが安心だし、落ちホダを少しでも減らすために、面倒くさいけどやってあるんです。

いまの時期の山仕事は、蜂が飛んできたり顔のあたりをブイが飛んでいたりと、虫の邪魔が入るけど、美味いしいたけのために、頑張るべー!!

ゲリラ豪雨(>_<)

えー、ゲリラ豪雨すごかったです。

うちのハウスの裏には、新般若用水というそれなりに大きい用水が流れてます。
深さは、どうだろ?5メートルぐらいあるのか?
幅も、10メートルぐらい?
用水というけど、まあ大きいんですわ。
その用水なんですが、あのゲリラ豪雨で真夜中に溢れてました(>_<)
けっこう強い雨の降り方だったので、ハウスの通路やちょっと低い場所が水たまりじゃなく、ちょっとした湖状態(笑)
なので、裏の用水は大丈夫かいな?と見に行ったら、溢れてました。
まあ、幸いうちのハウスは昔に父親が養鶏をやってるときにかさ上げして、用水の堤防から50センチぐらいは上なんで、溢れててもハウス内には水が入り込んで困ることはない。
でも、まわりの道路は川みたいになってましたが。

父親が言うには、昔おじいちゃんが養鶏やってたときの鶏舎は、いまよりも1メートル近く堤防よりも低く、台風や大雨のときには冠水して大変だったと。
いまほど頻繁に大雨降ったりはしてなかったけど、大変だったみたい。
で、父親が養鶏を継いで鶏舎を新しく作り変えるときに、堤防よりも高くするように土を入れてかさ上げしてもらい、その上に新しい鶏舎を作ったって。
で、いまのうちのハウスはその前にあった鶏舎を壊した後に建てたので、いまのところ水害は一回もない。
あの東海豪雨でも冠水はしなかったから、あれ以上の災害・水害が来ない限りは大丈夫。
ただ、東海豪雨もそうだけど、
「百年に一回の災害」
「20年に一回の水害」
といろいろいうけれど、最近よく「○○年に一回の災害」って、そんなにしょっちゅうくるもんなの?
まあ、地球自体がおかしくなり始めてるから災害が多い&被害がだんだん大きくなってると、いろんな人が言ってるけど、そんなのいまに始まったこっちゃないやん。
天候がおかしいのなんか、もう90年代から目に見えて異常気象だし、なにをいまさら。
これから先、どんなことになるやら?
心配しても始まらんけど、こういう身近に災害が起きるといろいろと考えるねぇ・・・・・・

山仕事~

え~ついに!体調不良の原因が分かりました!
ようやく、耳鼻咽喉科にいってきまして、「副鼻腔炎」でした。
この病気はなんぞや?
鼻のあたり、位置的には目のくぼみの下あたりに、骨の中に空洞があるんですってさ。
で、普段はべつになんともないけど、今回は風邪の菌がそこに入り込んで炎症をおこしてるらしい。
しかも、左側だけ。
レントゲン写真を見せてもらったけど、見事に左の空洞(副鼻腔)だけ、白いモヤみたいなのがかかってて、炎症おこしてるって。
だからずっと鼻水が出るし、喉の上あたり、食道に繋がるあたりに痰がつくから、喉も痛いんでしょう、と。
ほげ~!さすが先生!!(すいません)
症状もバッチリ、そのまんま!!
で、それようの薬を処方してもらい飲んだら、劇的に楽に(^○^)
体調不良になってから、久しぶりに爆睡3時間寝れた。
いままでは、寝ると喉痛いし(声が出なくなるぐらい乾燥して痛い)鼻が鼻水で詰まって息するのも苦しいしで、1時間ぐらいしか寝れず、ずっと怠くて死にそうでしたが、いまはだいぶスッキリ!
よかったよかった。

で、相変わらず最初はタイトルに関係ない話ばかりですいません(・。・;
最近、岐阜の山でも仕事をやらないかん時期になりまして。
IMG_20130722_121150.jpg

今年仕込んだ、原木ナメコの原木の移動作業です。

原木しいたけの原木は、仮伏せや本伏せ、天地返しなど、ちょこちょこと原木に刺激を与えながらシイタケ菌の動きを促進し、原木内にまんべんなく蔓延させるんですが、原木ナメコは違います。

原木ナメコは、いっさい動かさないんです。
動かさないというよりも、動かしてはダメなんですよ。
ナメコは、下手に原木を動かして刺激を与えると、その年は発生しません(>_<)
しかも、シイタケの原木と違い、地面に並べるだけで、組むこともしませんし、基本的に春先にナメコ菌を植菌したら、あとは山に持っていき、地面に並べて2年後の収穫までなにもせず放置。
楽でいいんですが、一年に一回しか収穫できないのと、ほんとうに天候次第で収穫量が左右されるので、まあお遊び程度です。
でも、味は抜群に美味い!!
一度食べると、来年の収穫まで楽しみで楽しみで。
今年は、どれだけ収穫できるやら?
秋の雨が多いと、けっこうまとまって収穫できるけど、去年は雨がほとんどなく例年の2割か3割ぐらいしか採れなかったからなあ。

あ、話それましたが、ナメコの原木は移動させたらいかんのですが、この時期までなら大丈夫なんです。
ただ、今年仕込んだ原木のみですけど。
もともとナメコは、菌を植菌してから発生・収穫までまるっと2年かかるんです。
だから、まだ今年の新しい原木だと移動させても、もともと今年は発生しないので、移動させても問題ないんです。
春先はバタバタして忙しかったので、とりあえず山の林道沿いのジャマにならないとこに適当に置いておいたので、今回それを2年近く置いても大丈夫な場所に移動させてたんですわ。
もうダメなナメコの原木の片づけと掃除兼ねて、ね。

なかなか、やることが多すぎて忙しいこってす(-。-)


チアフル・ママの農場見学接待(笑)

え~毎日暑いこってす。
おかげで?相変わらず体調が戻らない(>_<)
もうあとちょっとで完治しそうなんだけど、う~ん。
喉の痛みと鼻水が医者の処方された薬を飲んでも、あんまり変わらん。
でも、喉の痛みというか、鼻の奥のほうの食堂と繋がってるあたりが痛いんだよねぇ。
だから、そのせいで鼻水が出てくると思うんだけど、どうなんだろう?
親も爺ちゃんも、蓄膿症だったから俺も発病したか?と思ったけど、でもそんなドロっとした鼻水でもなく、ほんと水に近いような鼻水だし、いったいなんだろ?
いきなり、汚い話&タイトルに関係ない話ですいません(笑)


で、本題!
今日、昼から「チアフル・ママ」という、一宮市を中心に活動している女性の方だけのサークルの会員の方々が、農場見学にきました。
IMG_20130802_005751.jpg

このチアフル・ママの代表の方と、Facebookを通じて知り合いまして、そのサークルの会員の方々向けに無料冊子を作って配布されてるとのことで、その冊子に宣伝かねてうちの農場見学募集を載せていただきました。

11名の方々が参加して、うちの農場の施設の説明や原木しいたけの話、栽培方法など、約1時間ほどお話させてもらいました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました。
でも、毎回こういう見学会をして思うのは、やっぱり原木しいたけのPR不足だなぁと。
スーパーで売られているしいたけは、ほぼ9割が菌床しいたけで、その原材料から栽培方法など、「原木」と「菌床」の違いを分かってる人は少ない。
なのに、同業者の方々は「原木しいたけは菌床しいたけよりも美味しいんだ!それをいかにアピールしていくか?が課題だ!」と言われるけど、そもそもの「原木」と「菌床」の違いをちゃんと判ってる人は少ないのに、なにを根拠に「原木のほうが美味しい!」と言えるのか?
自分自身、冷静に一消費者として客観的に見ると、
「しいたけはしいたけでしょ?「原木」?「菌床」?どっちも一緒じゃん」
と思う。詳しく知らないとね。
「(原木)しいたけを知らない」
これが今の消費者の現実だと思う。
そりゃ、すべての人たちがそうとは言わないけど、野菜に関して気にしない人はそんな程度の認識じゃない?
自分も、こんな原木しいたけ栽培をしていなければ、しいたけに「原木」と「菌床」があることすら知らずに過ごしてたハズ。
で、生産者としてこの「知らない」消費者にいかにして「原木しいたけ」を知ってもらい、買ってもらうか?
まあ、単純に「知ってもらう」
これしかないやろう、と。
3年前から始めた、地元の小学校での「原木に植菌体験&秋には収穫体験」もそう。
地道に、「原木」しいたけの説明をし、食べてもらい、「原木しいたけは美味い」と知ってもらう。
「知らない」
といことは別に悪いことでもなく、知らなくても別に日々の暮らしには困らない。
でも、どうせ一度きりの人生、美味いモノを知らないなんて損してると思わない?
まあ、そんなえらそうなこというつもりもないですが(笑)地道にうちの原木しいたけのファンを増やして、みんな笑顔になればいいなぁと。
だんだん、わけわからん文章になってきたけど、いいたいことは
「原木しいたけは美味い!」
はい!オチがないけど、今回はこれで終わり!
眠い!おやすみさん!!

プロフィール

しいたけハニワ

Author:しいたけハニワ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

感謝カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

デフォルトカウンター

QRコード

QR