原木しいたけと埴輪の七不思議
埴輪好きな愛知県一宮市で唯一人の原木しいたけ農家のつれづれ日記

お疲れです・・・・

忙しい忙しいといっても、変わらんのだけど、忙しい(笑)

最近、まともに布団で寝れん。
帰ってきても、疲れててちょっとソファで横になったら朝というカンジ。
寝る場所はソファか、車の中かどっちか(笑)

6時間とかは言わんから、せめて4時間ぐらいはぐっすりと寝たいもんやね。

お疲れ様です。
おやすみなんせ~
スポンサーサイト

収穫体験、終わり~

今日、残る小学校での原木の引き渡し&育てかた・収穫の仕方の授業してきました。

で、毎回思うけど、最後になにか質問・聞きたいことがあれば。
と質疑応答するけど、誰もなにもなし。

ま、そりゃなにを質問していいのやら?
というカンジだから仕方ないわな(笑)

それに、渡す原木はまだ芽すら出てない状態だから、いまいちみんな
「これでほんとうに椎茸生えるの?」
と半信半疑。
ほんとは、椎茸が採れる状態にして渡すと一番いいんだけど、そうなると移動が大変だし。
なんせ、この小学校は約100人!
ってことは、原木100本を椎茸が出る状態にしたら、そりゃ動かせん。
動かしたら、椎茸がもげる(笑)

まあ、教室での管理自体は、そんなに難しくないから上手く収穫できるでしょ。
去年も、その前の年もけっこうな量が採れたという話なので、あとは頑張っておくれ~

きのこ工房 U.P.ファームのモットーを考えた

どの事業をするにしても、一言なり簡単な文章で考え方を表現するモットー、キャッチフレーズがうちも必要とずっと思っていた。
なので、最初は
「美味しい原木椎茸をお届けします」
にした。
けど、いまいちインパクトがないし、ありきたりすぎて覚えてもらえないし、反応は「へぇ」「ふうん」ってだけ。
これでは、いかんなぁと思いいろいろ考えて、次は
「ビックリ!するほど美味しい原木椎茸を作ってます」
これは、ラジオ番組でちょこっと聞いたネタをヒントに創作。
それは、
「これは美味しいよ」
という文章と
「これはビックリ!するほど美味しいよ」
というのでは、後者のほうが印象に残りやすく、好奇心をそそられるでしょ?というものでした。
普通に美味しいというより、「ビックリ!」という反応する言葉を入れるだけで、どんなに美味しいのか興味を持ってもらいやすいということ。
一番わかりやすい事例で
「これは一番美味しいラーメンです」

「これは一番まずいラーメンです」
というやつだと、後者のほうが
「ほんとにそんなにまずいラーメンなの?とりあえず食べてみるか」
とい消費者心理に訴えやすいというもの。
美味しいかまずいかは、個人の判断によるものが大きいので、まずいと言っていてもそうでもないのかもしれない。

話が逸れたけど、ようは最初にいかにしてうちの商品を手に取って食べてもらえるか?
その最初のきっかけになればいい。

で、いまはその進化系で
「ビックリ!!するほど美味しい原木椎茸でみんなを笑顔にします」
を使っています。
これは、実体験から思い浮かんだ言葉です。

それは、あるときバーベキューに誘われて、私がつくった原木椎茸を持って参加したときのこと。
お年寄りのかたから、赤ちゃんまでいろんな年代の人達が集まって楽しくバーベキューをしていました。
そのときに、2歳ぐらいの男の子が(理由は分かりませんが)いきなり泣いてぐずりはじめました。
母親が、抱いてあやしたり、キャラクターのついたお菓子をあげようとしても、嫌がってますます泣く男の子。
ひとしきり泣いて、半泣き状態のちょっと落ち着いたときに、ちょうど原木椎茸が焼き上がり、母親が
「椎茸食べる?」
と聞きました。
男の子は、まだ半泣き状態でしたので
「いらないもん!」
とまた大泣きになりそうでしたが、母親が
「とりあえず、一口食べてみたら?」
と、一口サイズにした原木椎茸を口にいれました。
男の子は、泣くかな?と思い見守ってましたが、半分泣きながら
「ママ、これ美味しいね~」
と。
「もっと食べる?」
と母親が聞くと、まだちょっと泣きながら
「うん、食べる・・・」
と、言ってさらに食べました。
一口食べるごとに、泣きやんでいき
「ママ、これ美味しいよ~」
と、笑顔になりました。さっきまで泣いていたのに。
男の子が笑顔になったら、母親も
「よかったね~」
と笑顔になり、またそのまわりにいた人達も(私も含め)笑顔になっていました。
私が作った原木椎茸が、男の子を中心にみんなを笑顔に。
水面に落ちた水滴が波紋を広げるように、笑顔の連鎖が伝わっていく。

原木椎茸作ってて、よかった。
美味い原木椎茸を食べてもらいたい!と、愚直に手を抜かずやってきたことが報われた気がした。
ありがとう、男の子。
感動で男泣きした、そんな出来事があったので、
「ビックリ!!するほど美味しい原木椎茸でみんなを笑顔にします」
が、うちの原木椎茸のキャッチフレーズにしました。

さあ、みんなを笑顔にしますよー!!!

収穫体験~♪

はい、あいかわらず放置しておりましてすいません(笑)
本業のしいたけ収穫と出荷で、バタバタと毎日忙しいので。

この前なんか、夜中の3時30分ぐらいにようやく仕事が終わって、帰って寝たのが4時過ぎ。
そこから、2時間ぐらい睡眠とってすぐ起きて、6時にはハウスに行って仕事してましてん(笑)
昼寝をしっかりと1時間ぐらい寝たいとこですが、電話かかってきたり資材の発注したり、宅急便が荷物引き取りにきたりと、結局昼寝は10分ぐらいしか寝れず、ビタミンドリンクを飲んで昼からも仕事。
そのあと、夕方まで仕事して晩御飯食べて30分ぐらい仮眠して再び仕事に行き、帰ってきたのは夜中の2時。
帰ってきてからも、事務処理したりして結局寝たのは3時過ぎで、だいたいいつも通り3時間睡眠。
我ながら、よく働くもんだ(笑)
でも、いまは販売先や事業内容の過渡期なのでしかたない。
これを乗り越えれば、ちょっとは落ち着くでしょ。多分・・・・

で、そんな忙しいなか小学校に原木配達&収穫の食育授業してきました。


体育館前での生徒待ち

このブログでも前に書いたけど、今年の2月ぐらいに小学5年生を対象に、原木にシイタケ菌を植える植菌体験をしてもらいました。
その後、約半年間うちで管理をして、今月収穫できる状態になったので、再び小学校にて生徒に引き渡しをしてきました。
植菌体験したときに、自分の原木に名前を書いてもらったので、自分のマイ原木から収穫することになります。
渡すときにはまだ椎茸が出てないので、みんなイマイチな反応でしたな(笑)
発生操作はしてあるので、あと2・3日で芽が出てくるし、1週間後ぐらいには収穫できるから、お楽しみに~

また、今週末にはもう一件、弥富のほうの「八穂クリーンセンター」での同じような講座した分も、引き渡ししてきました。
20131111021933170.jpg
これは今年の3月の植菌作業のときの写真


こちらも、無事に引き渡しもできて一安心。
あとは、地元のもう一校の小学校に持っていったら、今年度分の植菌体験の原木は終わり。
あとは、みなさん楽しく収穫して、美味しく食べてね~

今年もナメコの季節になってきた(^_^)ノ

相変わらずご無沙汰してます(笑)
更新が遅くて、すいませんm(_ _)m

なんだかんだで、夜中まで仕事して、帰ってきたらパソコンすらやれずにそのまま撃沈して、気がついたら朝という生活なもんで、なかなか更新する時間が・・・


そんな忙しい日々ですが、岐阜の山で原木なめこさんが採れ初めました♪

指よりも太い なめこさんの軸(笑)

ジャンボなめこという品種なので、大きくなりやすいんですが、今回はまた一段とデカい!!
これは、食べごたえありそうヾ(≧∇≦)

ただ、今年も去年みたいに不作になりそうなカンジ(>_<)
あんまり次の芽が出てない。
まぁ、まだこれから出てくるだろうと期待して、ありがたくいただきます(゚◇゚)ウマー

プロフィール

しいたけハニワ

Author:しいたけハニワ
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

感謝カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

デフォルトカウンター

QRコード

QR